Home » 社員日記 » 宝塚秋田公演を観劇して
11月
5

9月22日(水)に会社を休んでまで、秋田市文化会館で行われた、
宝塚歌劇宙組秋田公演『銀ちゃんの恋』-つかこうへい作
「蒲田行進曲」より-を観劇してきました。

前回の2年前の花組公演は、チケットが取れず見られなかったため、
電話予約の日に携帯電話と固定電話で電話をかけてチケットを
手に入れることができました。

私が一番好きな組は、月組(あさこさん→きりやん)です。
もともと月組(かなめさん・マミさん・リカさん)、花組(ヤンさん)が好きで、
最近は秋田出身の天寿光希さんがいる星組もいいなと思っています。

今回の公演は、宙組でしたが、トップの大空祐飛さんは、
花組から月組から宙組に組み替えできた方なので、よく知っています。
高飛車な役をクールかつ大胆に演じていて安心して見られました。

平岡安次(ヤス)役の北翔海莉さんも役にぴったりで、
しかも歌・演技もレベルが高く満足しました。

今回は、芝居1本でショーが無い構成でした。
私は、ショーも好きなので少々残念ではありました。

でも、やはり生で見るとステージ全体が見えるため、
役者一人一人の演技に迫力があり、宝塚の世界にすっかり浸ってしまいました。

やはり生は、すごいです。

あらためて一度は、本場の宝塚に行ってみたいなぁと思いました。

▼参考URL:
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/backnumber/10/cosmos_tour_ginchan/index.html

宝塚はどうでしょう