Home » 社員日記 » アキタ色。
12月
5

アキタ色。

皆さんは、秋田と聞いてどんな「色」をイメージしますか?

 

……何故こんな質問から始まったかと言えば、「秋田(市ではなくて県の方です)を色で表すとどうなるか?」ということを考えたからです。
とりあえず、何が浮かびそうか考えてみました。例えば以下のようなものが挙げられるかと思います。

  • 白(雪深い冬や色白の秋田美人から)
  • 緑(白神山地や秋田杉から)
  • 黄色または金色(秋の稲穂や竿燈祭りから)
  • 赤や青(なまはげのお面の色から)

……どれも象徴的ではありますが、一つに絞り込むのはちょっと難しそうです。
色を掲げているものが他にないか、ということで思いついたのがスポーツのチームカラー。最近秋田でもプロスポーツクラブが増えつつあるので、そのチームカラーを調べてみました。

……イメージカラーなので、抽象的なものの方が多かったようですね。そのうえ最初から複数掲げていたり。
では、もっとシンプルに「秋田県の色」というものがないかと確認してみましたが、残念ながら特に制定されてはいないみたいです。
(ちなみに、「県の○○」として制定されているものには、「県の木」秋田杉、「県の花」フキノトウ、「県の鳥」ヤマドリなどが挙げられます。)

 

あれこれ考えてきましたが、ここまでの結論としては、「秋田の色といえばこれ!」とはっきり一つのイメージに絞られるものはないようです。生まれも育ちも秋田の私でさえこれですから、県外の方ならなおさら思い浮かばないのでは、という気がします。

でも、逆に言えば、ここまで書いてきた中で既に様々な色が挙げられているように、言葉通り「色々ある」ということでいいのかな、と感じました。
既に取り上げたように、竿燈、なまはげ、秋田杉……四季折々、県内各地を彩る「特色」たちです。一つに収まらない、それらをひっくるめたものこそが「秋田の色」なんだと思います。

 

ところで、最初の質問ですが、私自身が思い浮かべたのは……この光景です。
通勤とかあれこれ大変なことはあるけれども、やっぱりこの光景があってこその秋田だと思っています。

M.O.