Home » 社員日記 » クラウドとオンプレミス
4月
5

最近、システムを動作させるために必要な
サーバーやソフトウェア等の基盤構築に関して、
クラウドサービスを利用して行いたいというご要望が増えてきているように感じます。

クラウドサービスを利用されることにより想定されるメリットとしては、
主に下記の様な点が挙げられます。
・イニシャルコストをオンプレミスより安く抑えることができる
・ハードウェアに関して、基本的な維持管理が不要
・BCP(事業継続計画)対策として有効

しかしながら、デメリットとしては主に下記の様な点が挙げられます。
・ランニングコストがオンプレミスより高くなりがち
・基盤をインターネット上に置くため、
オンプレミスよりしっかりとしたセキュリティ対策が必要
・システムを動作させる際、常にインターネット通信を必要とするため、
インターネット回線の安定化、高速化の検討が必要

クラウドが新しく、オンプレミスが古いのではなく、
それぞれにメリット・デメリットがあります。
お客様の置かれている状況をきちんと把握し、
基盤構築における最善の選択肢をご提案していきたいと思います。

T