Home » 社員日記 » バッテリーの放電
7月
5

先日、しばらく放置していたWidowsXPの入ったノートパソコンを起動しようと思い、

電源を入れてみたところ・・起動しない。

ほぼ放電してしまったようでした。電源をつないでしばらく放置した後、無事起動することができました。

同じように、他にしばらく放置していたものを確認してみたところ、ipod、携帯ゲーム機、モバイルルータなど、軒並み起動しない状態になっていました。どれも充電を行ったところ正常に起動したためとりあえず壊れてはいないようでよかったです。ですが、使用していなくてもバッテリーは思ったより早くなくなると思いました。

先のノートパソコンとは別に、1週間ぐらい電源を入れていなかったノートPCがあるのですが、使用するために電源ボタンを押したところ起動しないことがあり、とりあえず電源をつないで少ししてから起動したところ、こちらも無事起動しましたが、やはり充電がなくなっていたようです。

原因を確認したところ、Windows10は初期状態で電源OFFがスリープ状態になるというところを、そのままにしていたためこのようなことになったようでした。その後、シャットダウンでちゃんと電源OFFになるように設定を変更しました。

バッテリーが完全に放電してしまうと、劣化しやすくなるようですので、今後は気を付けなければいけないと思いました。

 

Nuuuuuuu