Home » 社員日記 » 人工知能
7月
15

人工知能

将棋の藤井4段。歴代記録を30年ぶりに更新し、デビューから29連勝を達成。メディアでも連日ニュースが放映されておりました。なぜ、ここまで強いのか。一説には将棋ソフト(人工知能)の活用があるといわれています。

そのような中、NHKで放送された、『人工知能 天使か悪魔か2017』というの特番を見ました。

現役の将棋の名人が、人工知能に負けてしまう。調べてみると10年以上前から将棋ソフトと人間が戦ってきた歴史があり、最初の頃は人間が勝っていたようです。飛躍的な進化と遂げたソフトに、今回ついに現役の名人が敗れたことになります。人工知能はどこまで進歩するのか。興味がつきません。

今回の特番で一番の衝撃だったのが、実は某国でAI政治家をつくるプロジェクトが、実際に走っているということ。様々なしがらみが多い人間と違い、そのしがらみがない政治が実現することを期待しているようです。

もう映画で描かれるような世界がすぐそこまで来てます。

 

ビジネスの世界でも、他社との差別化をはかる上で、人工知能は重要なファクターとなってきております。IBM Waton のサービスがIBM クラウド Bluemix でお試しいただけます。ご興味のある方はお声がけのほどを。

PTA