Home » 社員日記 » 人工知能元年、の翌年
1月
15

ここ最近、人工知能(AI)がニュースなどで取り上げられる機会が増えてきたと感じています。

昨年後半は、各社から相次いでAIスピーカー(スマートスピーカー)が発売され、家電量販店で手に取って試すこともできるようになっております。
AIスピーカーはデザインもよいですし、中には手軽な値段で購入できる商品もあります。
Google社のGoogle Home Miniや、Line社のClova Friendsなどは、試しに購入してもいいと思える価格帯の商品ですよね。

以前からAIアシスタントとして、iPhoneのSiri、AndroidのGoogleアシスタント、WindowsのCortanaなどがありましたが、それに並ぶ「手に取ることのできるAI商品」としてのAIスピーカーが登場したことで、AIの認知度が高まっていくのではないかと思っています。

※ペッパー君なんかも(秋田駅に)いますけれど、あれは「手に取ることができる」というには大掛かりなモノの気がします。

※Windowsでアシスタントといえば、第一に青いイルカを思い出す私はもうオッサンなのかもしれません。

昨年の初めから、「2017年はAI元年になる」という記事が多く出ておりました。
その多くはビジネス面でのAIの活躍という意味の記事だったように思いますが、市民生活に「AI」というキーワードが混じり始めたという意味でも、十分に2017年はAI元年だったように思っています。

さて、そんな中で私が注目しているのが、TBSラジオの番組「THE FROGMAN SHOW A.I.共存ラジオ 好奇心家族」です!

この番組は、「秘密結社 鷹の爪」などで有名なFROGMANさんがパーソナリティーを務める、AIをテーマにした生活情報番組です。※ラジオです

これがものすごく実験心あふれるラジオ番組なんですよね!

AIやビッグデータ、ディープラーニングといったトピックをネタに、週4回4時間ずつのオンエアですよ。
そんな(ニッチな)ネタで大丈夫か?・・・大丈夫だ、問題ないとばかりに、毎回AI関係のゲストがばんばん出演されます。ゲストといっても芸能人が呼ばれるわけではなく、AIの研究者、AIサービスを提供する会社の方や技術者などの方々が多いです。
そのゲストの方々とFROGMANさんのトークがまた面白い。ゲストの方々がそれぞれの専門分野のトークをするのですが、FROGMANさんもその専門的な話をうまくかみ砕いて聴取者に説明してくれるのです。FROGMANさんすごい。

AIスピーカーに関しても、番組内のコーナーで毎回実際にAIスピーカーを使ってみてくれているので、「こういう風に便利なんだ!」というのがわかるようになっています。「AIスピーカーが便利なのはわかるけれど、実際に使ったことがないからイメージしづらいなあ」という方におすすめです。

秋田でも20時台の放送のみABSラジオでネットされていますので、お聞きになってみてください。

写真はマイ愛用ラジオ「SONY ICF-801」です。
AMラジオの音と感度がよくて気に入っています。なお秋田で製造されていた製品です。
昨年、惜しまれつつもディスコン(製造終了)になってしまいました。復活しないかな。
IMG_20180110_064750

MWらじらー