社員日記

12月
15

浄土ヶ浜

先日、友人に誘われて突発的に宮古市の浄土ヶ浜へ行ってきました。
残念ながら曇りだったのですが、岩や浜辺が白くとてもきれいでした。

無題

また、宮古市は東日本大震災で壊滅的な被害を受けました。
建物のところどころに当時の浸水表示があり、さまざまなことを考えさせられました。
復興が十分ではないとのことだったので、観光で少しでも現地の支援につながればと思います。

盛岡宮古横断道路が現在整備中とのことだったので、
行きやすくなる宮古市にぜひまた観光に行きたいと思います。

12月
5

冬到来

 

12月になりましたね。早いもので今年も残り一か月を切りました。

 

先月から雪の降る日が出てきて、急いで車のタイヤを交換した方も多いのではないでしょうか。

まだまだこれからといったところですが、その油断による事故の多い季節であると思いますのでいつも以上に安全運転を心がけたいと思います。

 

私としてはまたこの季節かといった感じですが、ウインタースポーツが好きな方にとっては喜ばしいことでしょう。

私はウインタースポーツの経験がなく、

今年はやろうかな

と思いながら、毎年冬が終わっていきます。

 

運動不足になりがちな季節ですので、今年こそはやろうかなと思っています。

 

何はともあれ積極的に体を動かしたい季節ですね。

 

 

皆様も安全運転と体調管理に気を付け、楽しい冬をお過ごしください。

 

 

11月
25

漫画「鋼の錬金術師」が実写映画化されるということで私の中でブームが再燃しつつあります。

この作品、通称「ハガレン」はある出来事をきっかけに身体を失った兄弟が身体を取り戻すため旅をするダークファンタジーで2001年から2010年の10年の間、月刊少年ガンガンで連載されていました。
当時から毎月愛読していた作品だったので連載終了から7年の時を経ての実写化ということで話題になることが多くなり、1人のファンとしては嬉しい限りです。

ただ、関連グッズやイベントが開催される機会が多くなり財布のヒモが緩くなりやすいので、気を付けたいところです…(-_-;)

ネット掲示板やSNSを見ているとアニメや漫画の実写化に対しては批判的な意見が目立ちますが原作と違う箇所を探して比較するのが実写映画の醍醐味だと思っているので頭ごなしに批判せず、12月1日の公開を楽しみに待ちたいと思います。

image1

image2

 

古芽樽

11月
15

2017/10/26日経新聞に、IBMのAI「Watson」が無料になるという記事がでましたが、残念ながら無料にはならないようです。10月27日に開催されたイベントで「AIビジネスフォーム2017」でIBMの三澤氏は、Watson無料化の報道について、”新聞で無料化という記事が出ましたが、残念ながらタダにはなりません。そではなく、無期限に無料でテストできるサービスを提供します。”と述べています。IBMでは、無償のトライアルサービス「IBM Cloudライト・アカウント」を発表していますので、興味のある人は、是非使ってみてください。
AIが急速に身近で使われ始めています。その代表例として、ソフトバンクのPepper君です。Pepperは通常の会話は、Pepper搭載のAIで対応しますが、少し難しい質問などは、IBMのWatsonが回答内容を準備したりします。
そして、今注目されているのが、AIスピーカーです。AIスピーカー(スマートスピーカーとも)はアメリカで、既に多くの製品が出荷されています。ここに来てようやく日本語版対応AIスピーカーの製品が揃い始めました。Google、Amazon、Apple、Lineなど様々な企業が対話型AIスピーカーを発表しています。AIスピーカーは、話しかけるだけで音楽の再生や調べもの、家電の操作などを行えます。昔は母親に「お風呂沸かして!」と言っていたのが、スピーカに向かって「お風呂沸かして!」といえば、お風呂が沸く時代がそこまで来ています。私は、朝なかなか起きない子供を起こす、AIスピーカーが欲しいです。

by SonyのAIスピーカーはちょっと高い!

11月
5

2020年には東京オリンピックが開催されます。今を遡ること53年前の1964年には日本で初めてのオリンピックが開催されたとのこと。その翌年(1965年)には、この投稿で主人公となるサンダーバードがイギリスで放送開始されています。(日本では1967年から放送)2015年には50周年を記念して新シリーズが放映されました。
このサンダーバードですが、簡単に言うと大変お金持ちのトレーシーさんが大金をつかって秘密組織(国際救助隊)を結成、救助メカを駆使して人命救助をボランティアで行うという人形劇です。(途中では実写版も映画で公開されています。)

私はこの人形劇(?)に結構はまっており、救助メカのひとつである2号が推しメンとなっております。〇〇年前からプラモやフィギュアなどを収集し、今年の夏には某社で発行しているサンダーバード2号を完成させることができました。完成品をみると改めて”カッコいい”と感じています。この完成したものを眺めていると、自分も少しは人のために何かしてみたいと、ちょっとだけ思ってしまう今日この頃です。50年以上たっても新しいシリーズが出るなど、それなりに人気を維持しているサンダーバードです。興味を引かれた方は是非レンタルやネットなどで探してみたらいかがでしょうか。

ちなみに、救助メカ一推しはこのサンダーバード2号で、二押しはジェットモグラです。(結構ベタかも。)

TB2-1      TB2-2

are GO!