社員日記

11月
15

2017/10/26日経新聞に、IBMのAI「Watson」が無料になるという記事がでましたが、残念ながら無料にはならないようです。10月27日に開催されたイベントで「AIビジネスフォーム2017」でIBMの三澤氏は、Watson無料化の報道について、”新聞で無料化という記事が出ましたが、残念ながらタダにはなりません。そではなく、無期限に無料でテストできるサービスを提供します。”と述べています。IBMでは、無償のトライアルサービス「IBM Cloudライト・アカウント」を発表していますので、興味のある人は、是非使ってみてください。
AIが急速に身近で使われ始めています。その代表例として、ソフトバンクのPepper君です。Pepperは通常の会話は、Pepper搭載のAIで対応しますが、少し難しい質問などは、IBMのWatsonが回答内容を準備したりします。
そして、今注目されているのが、AIスピーカーです。AIスピーカー(スマートスピーカーとも)はアメリカで、既に多くの製品が出荷されています。ここに来てようやく日本語版対応AIスピーカーの製品が揃い始めました。Google、Amazon、Apple、Lineなど様々な企業が対話型AIスピーカーを発表しています。AIスピーカーは、話しかけるだけで音楽の再生や調べもの、家電の操作などを行えます。昔は母親に「お風呂沸かして!」と言っていたのが、スピーカに向かって「お風呂沸かして!」といえば、お風呂が沸く時代がそこまで来ています。私は、朝なかなか起きない子供を起こす、AIスピーカーが欲しいです。

by SonyのAIスピーカーはちょっと高い!

11月
5

2020年には東京オリンピックが開催されます。今を遡ること53年前の1964年には日本で初めてのオリンピックが開催されたとのこと。その翌年(1965年)には、この投稿で主人公となるサンダーバードがイギリスで放送開始されています。(日本では1967年から放送)2015年には50周年を記念して新シリーズが放映されました。
このサンダーバードですが、簡単に言うと大変お金持ちのトレーシーさんが大金をつかって秘密組織(国際救助隊)を結成、救助メカを駆使して人命救助をボランティアで行うという人形劇です。(途中では実写版も映画で公開されています。)

私はこの人形劇(?)に結構はまっており、救助メカのひとつである2号が推しメンとなっております。〇〇年前からプラモやフィギュアなどを収集し、今年の夏には某社で発行しているサンダーバード2号を完成させることができました。完成品をみると改めて”カッコいい”と感じています。この完成したものを眺めていると、自分も少しは人のために何かしてみたいと、ちょっとだけ思ってしまう今日この頃です。50年以上たっても新しいシリーズが出るなど、それなりに人気を維持しているサンダーバードです。興味を引かれた方は是非レンタルやネットなどで探してみたらいかがでしょうか。

ちなみに、救助メカ一推しはこのサンダーバード2号で、二押しはジェットモグラです。(結構ベタかも。)

TB2-1      TB2-2

are GO!

10月
25

「人の脳は記憶するより、忘れることの方が得意」だそうです。

年を重ねるごとに大事な約束を忘れるとか、やらなくてはいけないことを忘れるとか、自分の記憶力に自信が無くなり、忘れることに対して心配性になってきました。

そこでいろんなツールに頼ることになるのですが、

・ダイアリーに書き込む。仮約束の時は、フセンに書いて貼る。

・GoogleとOffice365のカレンダーに入力する。

・卓上のカレンダーに書き込む。

と1つの約束を4か所に書き込むのが習慣になってしまいました。

ツールの中でダイアリーは毎年選ぶのが楽しみです。ちょうど今頃の時期、来年の1月始まりのダイアリーが出揃うので先日まで検討していました。

Year,Monthly,Weeklyが一冊にまとまっていて、Weeklyは一週間見開きのバーチカルであることが条件なのですが、今年はデルフォニックスの「キトリ」に決め注文しました。使い始めるのは、2か月後ですが届くのが楽しみです。

10月
15

芸術!?

なんとなくですが、、、

データセンターやスーパーコンピューティングセンターは、
近代的な建物の中に設置されているイメージを勝手に
持っております。

でも世界に目を向けると、例外もあるようで、、、
スペインのバルセロナにある礼拝堂「Torre Girona」は19世紀に建造され、
1960年代までカトリック教会として使われていました。

その後、スペイン政府とIBMが共同で建造したスーパーコンピュータ
「マレノストルム」を礼拝堂「Torre Girona」の中に設置しました。

中世の建築物の中に設置されているスーパーコンピューティングセンターは
写真で見ると圧巻で、芸術的な作品(作品ではないのですが、、、)に
仕上がっています。

ぜひGoogleで画像検索してみてください。

検索キーワード
↓↓
「スーパーコンピューティングセンター」「バルセロナ」

                             ★

10月
5

9月7日(木)に4年連続の秋田県内の開催となる「水曜どうでしょう」の
「どうでしょうキャラバン2017」の秋田会場 由利本荘市の水林陸上競技場に
参加してきました。
(ちなみに昨年は由利本荘市の旧鮎川小学校での開催でした。)

当日は、あいにくの雨模様の天気ではありましたが、主催者側のプラス思考の
熱意(雨なんか降っていない、何を傘なんか差しているんだ!←藤村D)により、
「どうでしょうキャラバン運動会」が開催ができました。

運動会の種目は、玉入れ・綱引き・スプーンリレーの3種目で、各30名ほどの
4チームで優勝を争いました。私は藤村ディレクターのチームに入りました。

結果は、藤村さんの強い「1.リーダーシップ(勝つという熱意)、2.戦略(全体の作戦)、
3.人材登用(戦術部分→任せるところは任せる)、4.そして人としての魅力」などにより、
見事に全種目で1位になり、総合優勝することができました。

藤村さんのルールの中でなんとしてでも「優勝するんだ!」という力強さを間近で感じて、
自然と勉強になりました(私も見習いたい)。

また、水曜どうでしょうの藤村ディレクター・嬉野ディレクターのトークショーだけでも
番組の裏話も聞けて楽しいのですが、同じどうでしょう藩士(水曜どうでしょう好き)の
アーティストの皆さん、来春には武道館ワンマンライブの「打首獄門同好会」さんをはじめ
海外でも活躍している「黒色すみれ」さん、そして「DEPAPEPE」さんからも参加いただき、
無料で生ライブも観れました。

(最近は、黒色すみれさんの8/27(日)【仙台公演*ファイナル!】にも行ってきました。)

最後に毎年のことではありますが、イベントそのものが秋田県庁の方々や、
地元自治体の皆様や関係各位の企画・熱意によって、実施できていると感謝しております。
また来年も秋田での開催を(参加者側で恐縮ですが)期待しております。

今年も楽しかった\(^o^)/

http://www.htb.co.jp/caravan2017/20170907/

http://www.kokusyokusumire.net/

IMG_2248-13-09-17-09-37IMG_2249-13-09-17-19-10IMG_2227-14-09-17-11-47IMG_2228-14-09-17-11-47IMG_2232-14-09-17-11-47IMG_2233-14-09-17-11-4721369326_974230322715511_3804683841065847148_n

宝塚はどうでしょう