社員日記

4月
5

最近、システムを動作させるために必要な
サーバーやソフトウェア等の基盤構築に関して、
クラウドサービスを利用して行いたいというご要望が増えてきているように感じます。

クラウドサービスを利用されることにより想定されるメリットとしては、
主に下記の様な点が挙げられます。
・イニシャルコストをオンプレミスより安く抑えることができる
・ハードウェアに関して、基本的な維持管理が不要
・BCP(事業継続計画)対策として有効

しかしながら、デメリットとしては主に下記の様な点が挙げられます。
・ランニングコストがオンプレミスより高くなりがち
・基盤をインターネット上に置くため、
オンプレミスよりしっかりとしたセキュリティ対策が必要
・システムを動作させる際、常にインターネット通信を必要とするため、
インターネット回線の安定化、高速化の検討が必要

クラウドが新しく、オンプレミスが古いのではなく、
それぞれにメリット・デメリットがあります。
お客様の置かれている状況をきちんと把握し、
基盤構築における最善の選択肢をご提案していきたいと思います。

T

3月
25

2月のまだ寒さが厳しい週末、よりによって秋田よりももっと寒い札幌で開催されたライブに参加してきました。
その日の札幌は最低気温が-7度、最高気温でも-2度と厳しい寒さでしたが、会場内は暖房とは別物の熱気に包まれていました。

もともとはそんなにファンだったわけではなく、なんとなく知っている・たまにカラオケで何曲か歌う、程度だったのですが、一昨年のクロスアンジュで気になりはじめ、昨年King Super Live 2015のライブDVDを見て引き込まれてしまいました。
ぜひ一度ライブに行ってみたい!と思っていましたが、今回参加することができてますますファンになりました。
定番の曲から最新の曲まで幅広く取り込んで、たっぷり詰め込んだ楽しいライブでした。
(最新の曲はあまり知らなかったので、もう少し勉強してから行けばよかったと後悔しました。)

ぃゃぁ~ライブは良いですね!TVやDVDとは全く違う迫力が直に伝わってきます!
普段は仕事でITに関わり、仕事以外の趣味でもサーバーやネットワークをいじくってばかりいるのですが、
久々にITの事を完全に忘れ去って、まったく違うものに熱中する時間を持つことができました。

1泊2日の短期間ではあったものの、せっかく札幌まで来たのだからグルメも楽しもうと思い、
その日の夜は回転寿司->ジンギスカン->味噌ラーメン&醤油ラーメンと欲張ってハシゴしてしまいました。
皆様も食べすぎにはくれぐれもご注意ください。

窓辺ななみ

3月
15

弊社ではお客様企業のウェブサイトの制作や運用も行っています。
さまざまな統計資料によれば、多くのウェブサイトではスマートフォンからのアクセス数の方がデスクトップPCからのアクセス数よりも多くなっているそうです。
どんなデバイスで開いても見やすいウェブサイトを作成するためには、デスクトップPCのみ対応するサイトよりも作業量が多くなります。
私が担当しているサイトで、かなり以前にサイトのデザインを変更したことがありました。
その当時はスマートフォンからのアクセス数は多くなかったため、スマートフォン向けのデザインを別途に作成する必要はないということになりました。
しかし最近では、そのサイトもスマートフォンからのアクセスの方が多くなり、お客様もスマートフォン対応をご検討なさっています。
ITの分野は変化が激しく、何が普及するか予測するのは難しいものです。

この1年のIT系ニュースでもさまざまな新しいデバイスが話題となりました。
テレビのニュースではプレイステーションVRが話題となっていましたが、マイクロソフト社の”複合現実(MR)”ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」のデモ動画も衝撃的でした。
その他に、Amazon社の音声認識技術「Alexa」を利用した音声端末「Amazon Echo」がアメリカでKindle以上に売れているそうです。Alexaは日本語には対応していないので、競合各社を含め今後の動向が気になります。Alexaの担当者は、IoTと音声インターフェースの時代が来ると言っています。
こういった企業の未来予測は、将来「こうなる」という漠然とした予想ではなく「こうする」という計画なのだろうと思います。

スマートフォンのようなタッチインターフェースの携帯端末がこれほど普及することを、iPhoneが発売される前に予測した人は少なかったと思います。
これらの新しいデバイスも私たちが考えているより広く普及し、もしかしたら、スマートフォンが時代遅れになる時が来るのかもしれません。
今後、何が普及するのか予測するのは難しいですが、お客様や世の中の変化に合わせ今後もいろいろなことを学んでいきたいと考えています。

HM

3月
5

花粉の季節がやってきました。花粉症の皆様いかがお過ごしでしょうか。

毎年この時期になるとアレルギー症状に悩まされ、「また来たかぁ・・・」と思わずにはいられません。

花粉情報を見ていると、今年は東日本は比較的控えめなようですが、油断はできませんね・・・。

 

私の場合スギ花粉で症状が出やすく、

目のかゆみ → 鼻づまり → 倦怠感 → 鼻づまりで睡眠不足 → さらに倦怠感 → やる気なくなる

という感じで、いつも悪循環です。

 

思えば、花粉症っぽい症状が出てから、もう20年以上経ってしまいました。

こんなに長い付き合いなのに、花粉症にはこれだっ!と皆様に紹介できるものがなくてとても残念です。

毎年いろんな情報に振り回されながら、この季節をやり過ごしている状況です。

 

一応、私の経験から言いますと、以下3点が有効です。(たぶん)

①乾燥を防ぐ
②十分な休息を取って、体調を崩さないようにする
③気合

水分補給や鼻、喉、肌の乾燥を防ぐことは、症状の緩和に効果がありそうです。
アレルギー症状は体調が良くないと悪化することがあるようです。この時期に限らず、体調管理は大事ですね。
あとは気合です。

具体的な治療はまだ試していないので、今年は何かやってみようかな・・・。

 

2月20日はアレルギーの日

2月
25

IoT for toilet

IoTという言葉はすでにご存じの方が多いと思います。

モノがインターネットに繋がり、生活がより便利になる、というものですよね。

最近、IoT関連で興味深い記事を読みました。

とあるトイレメーカーが、IoT対応のトイレを出す、というニュースです。

記事では、店内のトイレを長く使われている場合に通知を出す、という機能に触れていましたが、
無類のトイレ通(?)の私には、たくさんの用途が思い浮かびます。

・トイレの汚れ具合の通知
・消費電力、水道料金、利用回数の見える化
・トイレが詰まったときのトラブルシューティング
・トイレットペーパー交換のアラート

この辺りは他のIoT対応機器(冷蔵庫等)と共通する使い方でしょうか。

こんなのはどうでしょう。

・外出先で、最も近く、空いているトイレへの案内
・好みのウォシュレット、便座温度設定等の保存、呼び出し(トイレへのログイン)
・排泄からわかる健康状態の通知、アドバイス
・トイレの仕方(マナー・エチケット)に対して一言

ここまでいくと、AI、動態認識、位置情報も必要になってきますね。

より快適なトイレライフのため、メーカーさんには是非頑張ってもらいたいです!!

20170305

トイレの神様