Home » 社員日記 » ぶらり旅
8月
15

ぶらり旅

週末にふと思い立って、車でぶらり旅に行く機会が増えた感じです。
ただ、それを「旅行」と言ってものか。。
観光でも温泉でもなく、ただ旅館に泊まること、が目的だったりするからです。
それも、一泊二食付で 6,000円位の旅館です。
こういう旅館のいいところは、
こちらのコトを覚えてくれてることが多くて、
直前の予約にも関わらず、感謝の言葉を掛けてくれたり、
前回と同じ部屋に案内してくれたり、
とにかく気持ちが休まるわけです。
そういう旅館に、
ホテルや高級旅館もそれはそれで良いモノではあるのですが、
それらとは違う、何か「得難い魅力」を感じます。
何かの本で以前に読んだのですが、
「何の用事も無く過ごすことの出来る時間こそが最高の贅沢」
ということを身に染みて感じるのが、このような宿泊中の時間です。
そのような旅館の1つで、これで5回目くらいになる旅館に先日また泊まりにいきました。
今回も、そこに泊まるだけが目的、の旅行でした。
そうしたら、「お待ちしてました」と言いつつ、何時もとは違う「離れ建屋の部屋」を案内されました。
あれ?と最初は思ったのですが、部屋に落ち着いて少ししたら女将が改めて来まして、
「何時もの建屋の方は、あいにく今日は騒がしい方々の予約が多いので、
申し訳ないから離れの部屋にさせてもらった」とのことでした。
また、「夕食も何時もの相部屋ではなく、こちらの部屋に直接持って来ますから」とのことで、
ほとんど女将一人で切り盛りしてる旅館にも関わらず、
こちらが申し訳無いと思う位の世話をしていただきました。
こういう旅館だからこそ、私のようなリピーターが何人もいて、
いつまでも続けられてるんだろうなあ、と、
自分の仕事人生に置き換えたりして、とても勉強にもなったりします。
私自身も、その旅館に行きたくなる、というより、その女将に会いに行きたくなる、
という感じ、です。
ブラック