Home » 社員日記 » 音楽もAIで!?
1月
15

私は趣味で音楽制作をやっており、友人とレコーディングごっこをして遊んでいます。

現代ではアマチュアでも、パソコンとそこそこの機材があれば、割と気軽に録音からCD化、ストリーミング配信まで出来てしまいます。

ただ、録音した様々な楽器の音を同時に再生するのは簡単ですが、人に聞かせられる品質にするのが難しいものです。

そんな音楽制作の世界でも、昨今ではAIを売りにし、実際にシェアを獲得している音楽制作ソフトウェアが現れています。

iZotope社の自動マスタリングソフト Ozone8が有名ですね。

https://www.izotope.com/en/products/master-and-deliver/ozone.html

本来であれば人間が複数のスピーカーやヘッドフォンで実際に耳で聞き「音に迫力が足りない」とか、「もう少し落ち着いたサウンドに」とかを考え、楽曲の音質調整(ミックス・マスタリング)を行います。

素人には正解のないような大変な作業なのですが、このOzone8は元の音を解析してある程度(時として文句のないくらいに)自動調整してくれるのです。

また、他の既存の音源を読み込ませ、それに似せた音質を再現する機能もあります。

「趣味なのにAIで自動化して楽しいのか・・・?」と自問自答してしまいますが、「面倒は作業はAIに任せ、よりクリエイティブな作業に時間をかけましょう」というのがメーカーのコンセプトのようです。

音質調整だけでなく、音楽そのものもAIが作るツールも出てきているようですね。

趣味は苦労も楽しめますが、つらい仕事はできるだけ自動化したいものです・・・。

すべてはバランスが命