Home » 社員日記 » 消費税率引き上げについて
9月
25

消費税が10月1日より10%になります。

これまで、

1989年 4月(平成元年) 3%

1997年 4月(平成9年) 5%

2014年 4月(平成26年)8%

2019年10月(令和元年)10%

と増税されてきました。

今回は、「軽減税率」が導入され、特に食料品を扱う企業では、対応に追われていると思います。

「軽減税率」については、対象となる商品やサービスがわかりづらく混乱しそうです。

持ち帰りは10%ですが、店内飲食は8%で、持ち帰りかどうかは客の自己申告で判断することになるらしいです。持ち帰ると言ってイートインコーナーで食べたとしても財務省では、罰則を想定していないそうです。

このような混乱を避けるため、表示価格を税込みとし、持ち帰り、店内飲食ともに同じ価格にするという企業もあるようです。

さらに10月からの増税に伴いキャッシュレス決済の場合、ポイント還元を行う制度も開始されます。このポイント還元も企業規模により5%、2%、還元無しとなり、これもどこでどのくらい還元されるかわかりづらいです。国が補助を行うポイント還元は9か月限定なので来年6月までとなります。

消費税が始まったときは、買い物で税金を払うということに慣れなかったものですが、今では違和感なく払っているわけで、わかりにくく混乱すると思われる軽減税率にもそのうち慣れるのでしょうか?