Home » 社員日記 » 野良猫を飼う
11月
25

野良猫を飼う

私の一家は全員猫好きになりました。

以前はペットとの生活とは無縁の家でしたが、15年ほど前、保護された野良猫を
引き取ってからというもの猫が増え続け、今では5匹の猫たちと一緒に暮らしています。

5匹の内3匹は保護され飼い主を探していた子で、2匹は私の家の床下に住み着いていた野良猫です。
甘えん坊だったり喧嘩っ早かったりで、個性があふれています。

そんな猫たちの話を書こうと思っているときに、疑問と不安がよぎりました。

「あれ?猫を拾うっていうのは法律的に問題ないのかな?
拾ったっていうことを公にするのはマズイかな?」
と思ったので、ネットで簡単に調べてみました。

・首輪や名札がついていたり、明らかに飼い主によって手入れされている猫は当然他人の所有物と考えられる。
・飼い主のいない野良猫は拾って飼い始めても、法律上の問題はない。
・ただし後々本当の飼い主が現れる可能性はあり、トラブルに発展することも考えられる。
・警察に届け出て、飼い主が現れなければ猫の所有権を取得することができる。
・動物愛護センター等から譲渡を受ければ所有権については安心。
ということでした。
(参考:「道端で見つけた「野良猫」を拾って飼いたい・・・もし「他人の猫」だったら罪になる?」
https://www.bengo4.com/c_18/n_2068/ )

私が拾った2匹は明らかに野良猫だったので大丈夫だと思われますが、
やはり警察に届け出をしたほうが確実ということのようですね。

…ということで一安心したところですが、これからうちの猫のことを書くと長くなりそうなので
そろそろ終わりにします。

冬が目前に迫っており、猫は丸くなって寝ています。
「かわいい」というよりは「寒そう」なので防寒グッズを買ってあげようと思います。
(たいていの場合買っても思うようには使ってくれませんが…)