Home » 社員日記 » Web会議ツール
7月
15

近年、働き方改革ということで主に「長時間労働の是正」が注目されていましたが
「柔軟な働き方ができる環境づくり」も取り組みとして挙げられていました。

皮肉にも新型コロナウイルス(COVID-19)対策のため企業においては
テレワークやWeb会議のための環境構築が急務となり
結果として「柔軟な働き方ができる環境づくり」への取り組みが積極的に行われています。

最近は特に、Webセミナー(ウェビナー/オンラインセミナー)を開催する企業がとても増えています。

インターネット配信のため、主催者は会場を借りる必要がなく開催場所の制限がありません。
また参加者はどこからでも参加することができるため、より多くのセミナーに参加することができます。

このWebセミナーやテレワーク中のWeb会議で最も有名になったサービスは「Zoom」だと思います。
また2021年7月31日にサービスを終了するSkype for Businessの後継にあたる「Microsoft Teams」を
導入する企業も増えてきていると思います。

Microsoft Teamsが企業で導入されている理由は、Microsoft 365(旧Office 365)の1アプリとして
提供されていることが重要なポイントです。

弊社では一部の業務でMicrosoft 365を使用していることもあり全社員のパソコンに
Microsoft Teamsを導入しました。

当初はテレワーク環境の整備を目的としていたので、5月の連休前行ったテレワークでは
Microsoft Teamsの機能であるWeb会議やチャットツールを使用して、出社している人たちと円滑に
コミュニケーションを取ることができました。

また、最近ではテレワークだけではなくお客様とのWeb会議やオンラインでの会社説明会の
ツールとしても使用されています。

業種や業務によってはまだまだ課題が多いと思いますが、国や自治体においても、
テレワーク業務について様々な補助金制度が用意されています。

これを機に「働き方改革」に取り組んでみてはいかがでしょうか。