Home » 社員日記 » ウェブ会議システムでの音声トラブル
6月
5

皆様、その後ウェブ会議システムはどのくらいの頻度で使われていますでしょうか。

弊社は業界柄、ウェブ会議の機会が多いのかな?と思います。

ちなみに私は今週3件のウェブ会議の予定が入っています。
ウェブ会議システムは、もはや日常的に打ち合わせや商談で利用されるツールになりましたね。

1対1のウェブ会議ではほとんどトラブルはありませんが、1対多、多対多のウェブ会議だと稀にトラブルが起きるようです。
そのほとんどは音声周りのトラブルのように感じます。

同じ(物理的な本当の)部屋で、複数人が個々のスマホやPC、スピーカーフォン等のデバイスでウェブ会議に参加すると、大概音声にエコーがかかったり、ハウリングを起こしたりし、トラブルの元となります。

同じ部屋で、複数人で同じウェブ会議に参加する場合は、誰か一人のデバイスの音声のみONにし、それ以外の方はミュートにして画面のみ表示させる方がよさそうです。

音声に異常を感じた場合、この点を確認すると大抵解消されます。

これはどうやらマイクロソフト Teamsでも、Cisco Webexでも、Zoomでも同じなようです。

複数人で一つのスマホまたはノートPCのマイク、スピーカーを使うのは厳しい、ということであれば、人数にマッチしたスピーカーフォン等を用意した方がいいですね。

コロナ禍の初期と比べ、かなりスピーカーフォンを入手し易い状況となりましたので、改めてご興味がありましたら検討してみてください。

対面希望