Home » 社員日記 » ビーフジャーキーを作ってみました。
8月
5

趣味で燻製を作っていますが、今回はビーフジャーキーを作りましたのでその工程をご紹介します。

 

材料

 

牛もも肉 300g

お肉屋さんで3mmにスライスしてもらいました。脂身は少ない方がいいです。脂身はおいしいですが、給水シートに挟んだり干したりする際にちぎれ易くなりますので、注意が必要です。

味どうらくの里 適量

粗挽き黒コショウ 適量

キッチンペーパー

脱水シート

 

下ごしらえ

肉を1枚1枚はがしながらタッパーに敷いてください。

タッパーの底に敷きましたら上から味どうらくの里をかけてください。

(肉を敷く・味どうらくの里をかけるを繰り返してください。)

肉を敷き終わりましたら、キッチンペーパーを敷いて落とし蓋のようにします。

タッパーに蓋をして一晩冷蔵庫に保管します。

 

脱水

まな板の上にキッチンペーパーを敷いてタッパーから取り出した肉を1枚ずつ並べます。

肉に上にキッチンペーパーを敷いて手で軽く抑え味どうらくの里をふき取ります。

粗挽き黒コショウを肉にかけて軽く押さえます。

肉をひっくり返して裏側にも粗挽き黒コショウをかけます。

給水シートに肉を載せます。肉と接触しないと給水できませんので、肉が重ならないように載せてください。

給水シートで肉を挟んでください。

フリーザーバックに入れて冷蔵庫に保管します。

保管3日目の様子です。この程度で脱水を終えてもいいのですが、次の工程に取り掛かる時間が無かったため、給水シートを変えてまた3日保管しました。

 

乾燥

天日で乾燥させます。

この日は気温が30℃を超えていたため片面1時間×2の合計2時間乾燥しました。

天候によって乾燥時間は調整してください。

乾燥はハードグミと似たような手触りになるまでを目安としています。

 

燻し

今まで手作りのスモーカーを使用していましたが、ヤニが付き汚くなりましたので新しく購入しました。

スモーカーの底にチップを敷いて、網の上に肉を並べて70℃で15分程燻します。

完成です。

 

味どうらくの里の甘さと黒コショウの辛さが相まっておいしかったです。

今回は肉を3mmにスライスしましたがあまり噛み応えが無かったので5mmでもよかったかもしれません。
脂身からちぎれてしまうこともあるため、極力脂身の少ない部分を使ってください。

☆☆☆☆☆☆☆