Home » 社員日記 » ”激烈”の上
10月
5

激烈(げきれつ):きわめてはげしいこと。また、そのさま。

 

「激烈の上の言葉がわからない。誰か考えてくれ。」先週の土曜日に自宅でプロレスの生放送をみていたところ頻繁にでていたフレーズです。ゲスト解説の獣神サンダーライガーさんが試合をみていて“スゲー”と共に頻繁に発していた言葉ですが、自分もテレビでみていて共感できた試合が多く行われた大会でした。特にメインイベントの30分弱(27分56秒)ではその感覚(“激烈の上”)が強く感じられた試合でした。(THE DRAGON vsピッドブル)

この日はこれから始まるリーグ戦の開幕であり、決勝戦の10月21日の日本武道館までこのような“激烈”な試合が繰り広げられることと思われます。この間東北では仙台と山形のみの開催で、残念ながら秋田では行われません。生観戦はお預けとなってしまいます。が、幸いにもネットやCSなどで何大会は見ることができるので、こちらでこの「激烈の上の戦い」に浸ってみたいと思います。

 

 

今年の秋も「金の雨が降るぞー!」

ちょっと遅れますが、BSでも金曜よる8時から放送されていますので、興味がある方は是非。

ちなみに秋田大会といえば2013年7月の秋田市立体育館がピークだった感じがします。(このときは完売のためプロセス観戦歴上唯一パンフレットを購入できなかった大会

です。また、TV中継はもちろんDVDも販売された大会です。)

秋田でも「激烈の上の戦い」が観たいでーす。

 

by内藤欠場残念