社員日記

6月
25

チケットの一次抽選結果が出ました。
私は柔道と競泳を申し込みましたが、
見事にすべて落選。。。
まあ、予想どおりでしたが。。。

それにしても、申し込みはものすごく面倒でしたし、
時間もかかりました。

二次からは先着順らしいのですが、
抽選であんな状態になったのに、先着順になったらどうなってしまうんでしょう?
しっかりと対策していただきたいものです。

対策といえば、ボランティアの暑さ対策で発表された、
“かぶるタイプの傘”が物議を醸しています。

「完全に罰ゲーム」「ボランティアが減る」「無駄に税金使ってる」などの苦言から、
「両手使えるし、日傘に抵抗ある男子に良い」といった好意的な意見もあります。

個人的には、アイデアは良いけど、デザインがね。。。という感想です。
今のデザインのままでは、大勢の外国人観光客から笑われるような気がします。
この格好させられるなら、ボランティアやりたくないです。。。

このように「〇〇はいいけど、××は・・・」というのは世の中に多いですよね。
違う角度で見るということは非常に大切なことだと思います。
今見えている、いいところ悪いところだけに集中するのではなく、
ちょっと視点をずらしてみる癖をつけていこうと思う、今日この頃です。

ハラソムリエ

6月
15

脳の神秘?

先日、コーチングの講習を受講しました。

講習では、悪い言葉を使うと脳の働きが悪くなるという説明がありました。
使った自分だけでなく、使われた相手も悪影響を受けるそうです。
ですから、先生からは「よい」、「ポジティブな」、「熱量のある」言葉を使うことを求められました。

よい言葉を使うようになるきっかけとして、スマホのアプリを紹介されました。
ネガティブな言葉をポジティブなものに変換するというものです。

紹介されたときは、まったく気にかけていませんでした。
しかし、そのアプリを活用する機会が巡ってきました。
期日が迫っている仕事があるのに、なかなかやる気になれないときがあったのです。
そこで、「やる気が出ない」という言葉を変換してみました。

結果は次のとおりです。
① 自分の気持ちに正直
② スリルを求めている
③ 周りに流されない
④ リラックス
⑤ 手段を模索するのが得意
⑥ 仕事が早い

なぜそうなるか疑問が残るものもありましたが、やる気が出ない自分がほめられているような、肯定されているような気がしてきました。
すると、徐々に手が動き出し、最後までやりとげることができました。

私の脳がポジティブな言葉に反応してくれたのでしょうか?
興味がわいてきたので、気持ちがネガティブになったときにはまた利用してみようと思っています。

三之城

6月
5

Let’s OCR!!

世の中で昨今よく耳にするようになってきたRPAを、弊社でもお客様にご紹介、ご提案する機会が増えてきました。

お客様にお話を伺うと「FAXで来た紙をシステムに取り込めない?」というご要望を多くいただきます。

FAXはご存知の通り、送受信の環境により紙が斜めになったり、意図しない黒い点や線が入って、帳票としては質の悪いものです。

これまでの文字認識ソフト OCRでは、パソコンで打ち出し直接プリンタで印刷したもののテキスト化であれば90%を超える識字率でしたが、FAXの文字認識はほぼ不可能と思われていました。

ですがテクノロジーも発展し、お客様からのご要望も多いことから色々と情報をさがしてみると・・・

ありました!!FAX OCRたる製品が!!

また、最近のOCRはAIOCRというものが出てきており、AIで補正することによりFAXに対応するものも出てきております。

未だ取り扱いやサポート面の準備が整っておらずご紹介できませんが、近いうちにお客様にご提案できるよう進めて参ります!!

fac simile

5月
25

新鮮野菜

社員日記は当番制でリアル社員が書いています。
文才がある方はネタに困らず、すらすら書いているようですが
文才がない私はいつも内容を考えてしまいます。

今回は最近始めた趣味について書かせていただきます。

タイトル通り「新鮮野菜」です。

私の実家は田舎にあり、小さな畑、家庭菜園がありました。
毎年春に種や苗を植えて、夏になるときゅうり・トマトなど夏野菜を中心に
新鮮な野菜を楽しんでいました。
古い記憶ですが、とれたての野菜の味は格別だったと記憶してます。

少し郊外の道沿いなどで産地直送の露店を見かけることもありますが
いくら鮮度がいいとしても、「朝どれの新鮮野菜」です。

もっともっと新鮮な、「今どれの新鮮野菜」を食べたくなり
畑を借り家庭菜園を始めてみました。

畑を耕したり、苗を植えたり非常に重労働で挫折しそうになりましたが
とりあえず、種・苗植えは終わりました。

秋田市は都会に比べれば田舎ですが普段の生活では
なかなか土に触れることはありません
久しぶりに土に触れ、自然に触れ、少しのリフレッシュと
かなりの筋肉痛が残りましたが、

今のところ楽しくやっております。
写真の通り今植えたばかりです。

家庭菜園で「今どれ新鮮野菜」をたべることができたか??については
次の社員日記にてお知らせいたします。

    P/N:匿名

5月
15

山菜採り

令和が始まった。

まだまだ先の事と考えておりましたが、時間がたつのは早いものです。
私は実家で、改元を迎えました。テレビを見ながら年越しのような雰囲気を感じておりました。
特別長い連休。何をするか。なかなか忙しく連休に入ってから考えている状態でしたので遠出もできず。。
そんな中、行って参りましたのが山菜採りです。基本食卓に上ったものを食べるのが専門でしたが、
運動も兼ねて。タラの芽は若干早く、主にさしぼを採りました。天ぷらや、みそ汁がうまいのです。
このさしぼ、子供の頃から春の食卓の定番でしたが、好んで食べられているのは由利本荘地域だけ、
ということを結構最近知りました。
皆さま山菜採りの時期ではありますが、熊には気をつけて。

先週は大型連休明け、また、改元後初週でしたがおかげ様で大きなトラブルもなく、良かったです。

PTA(ぱっと楽しく遊ぼう)