社員日記

1月
25

冬になると「犬はよろこび庭かけまわり、猫はこたつで丸くなる」という歌を必ず思い出します。
この曲は世代問わず愛されている童謡「雪」の一節です。そういえば歌詞の全貌を知らないな、と思い調べてみましたので、以下に引用します。

  1. 雪やこんこ あられやこんこ。
    降つては降つては ずんずんつもる。
    山も野原も 綿帽子わたぼうしかぶり、
    枯木かれき残らず 花が咲く。
  2. 雪やこんこ 霰やこんこ。
    降つても降つても まだ降りやまぬ。
    犬は喜び 庭けまはり、
    猫は火燵こたつで丸くなる。                            (引用:雪 (童謡) – Wikisource)

なんと、一番耳に残っている歌詞は2番でした!

これは童謡に限った話ではありませんが、「よく知っている曲の歌詞が実は2番だった」、なんて体験をよくしているような気がします。よくある現象なのでしょうか?

話は変わりますが、私の猫飼い歴は約20年にも及びます。しかし、猫がこたつで丸くなっているところはほとんど見たことがありません。
冬の風物詩といえば、こたつの中で液体のようにとろけた猫ちゃんに膝を蹴り飛ばされることだと思っていました。
歌の中の猫が丸くなっている理由として私が考えられるのは、

①昔のこたつは今より暖かくなかった

②猫ちゃんが寒がりだった

の2つです。皆様はどう思われますか?

1月
15

雪道

年を跨いですっかり雪景色になりました。

昨年、一昨年とあまり雪が降らず(局所的にすごい量が積もりはしましたが…)

久々に雪道を走った気がします。

 

そんな状況もあってか、今シーズンになってから何度かスタックしたり、スリップしたり

危ない目にあいました。

秋田の冬道を嘗めてはいけない!と再認識し、雪道走行のコツを調べてみました。

 

<雪道走行のコツ3点>

1.スピードを落として走る!

2.発進時にアクセルを急に踏まない!

3.轍は凍結の危険があるのでやや外して走る!

 

スピードを落として走るのは言わずもがなですが、2点目、3点目はうっかりやってしまう

ことが多いように感じます。

朝の通勤時間にスタックしてしまうと場合によっては渋滞を作ってしまうので運転に自信の

ない方もそうでない方も、日頃から上記のポイントに気を付けて運転しましょう。

ちなみに私は既に渋滞を起こしてしまっている側なので、スコップや砂を積んでおくように

したいと思います。

 

雪道は何度走っても慣れないです…

1月
5

私の趣味の話になってしまうのですが、1年半ほど前からゆるくボディメイクを継続しています。

結果として、ピーク時から17kgほど減量に成功しました。

そんな中で合った1冊の本を紹介します。

 

「超・筋トレが最強のソリューションである」

 

 

 

 

 

 

少し大げさに聞こえるタイトルかもしれませんが、読んでみるととても興味深い内容でした。

要点をまとめると以下の3つです。

 

1.痩せたかったら筋トレ

減量と言えばランニングなどの有酸素運動をイメージしがちですが有酸素運動のみで減量した場合、

脂肪と一緒に筋肉も少なからず落ちてしまう可能性があります。

その結果、痩せても代謝も落ちてしまい結果的に痩せにくい体になってしまいます。

ですので、筋トレも一緒に行うのが効率的です。

 

2.死にたくなったら筋トレ

筋トレをすることで「テストステロン」や「セロトニン」が分泌されます。

テストステロンは骨や筋肉の強度の維持や、やる気の向上に効果があり、

セロトニンは心を落ち着かせ安定させる効果があります。

 

3.アンチエイジングにも筋トレ

介護が必要になる原因として、高齢による衰弱や転倒による骨折などがあります。

その結果寝たきりの状態になることで認知症が進行してしまいます。

ですので、筋トレによって筋肉を維持・増加させることがアンチエイジングにも繋がります。

 

以上、うまくまとめられたかわかりませんが本の紹介でした。

少しでも気になった方、ぜひ書店で手に取ってみてください。(回し者ではありません)

私も引き続き筋トレ頑張ります!

12月
25

観葉植物

我が家には、観葉植物がたくさんあります。

 

元々は植物には興味はなく、世話がめんどくさそうだな、程度にしか思っていなかったのです。

 

しかし家を購入したとき、知り合いから新築祝いで「ミルクブッシュ」という植物を頂きました。

部屋に置いてみると、まぁしっくりくる!

 

日々の水やりや、日当たりがいい場所を考えたりしていると、次第に愛着がわいてくるものです。

 

そのうち、これ一鉢では寂しいと感じてきたので、

今度は「ベンジャミン」を購入しました。最初は丸くカットされていてかわいらしい形をしていたのですが、現在は、剪定もせずに伸ばし放題なのでボサボサです。

 

その後、「パキラ」を人から頂いたり、「シマトネリコ」なる植物を買ってきたり・・・

気付くと現在小さなものも合わせて11鉢にもなりました。

 

パキラなどは、最初4号(40cmくらい?)サイズだったのですが、

家で一番日当たりの良い場所に置いておいたので、今では1m近くまで育ってしまいました。

一体どのくらいまで大きくなるのでしょうか。この子・・・。

 

毎日土が乾いてないか気にしたり、元気がなくなると場所を変えてみたり、

こんなに自分がマメだったとは思わなかったです。

 

絶対に、誰も枯らさない!

12月
5

段々と寒くなってきて冬になってきたな~と思うようになりました。
北のほうや山間部では既に雪が降っているそうで、
もしかしたらこれが掲載されているころには平野部でも雪が降ってるかもしれないです。
今年は大雪になるみたいな予報も出ているので早めに雪かき用の道具を準備しないといけないな、と思っています。

 

そういえば何気なくやっている雪かきはどれくらいの運動量なのかな?と気になったので(大雑把に)調べてみました。

 

まず事前情報として「メッツ」「エクササイズ」という単位が出てきます。
「身体活動の強さを、安静時の何倍に相当するかで表す単位で、座って安静にしている状態が1メッツ、普通歩行が3メッツに相当します。」
(厚生労働省「身体活動・運動の単位」より)

この身体活動の強さ(メッツ)に、その活動の実施時間(時)をかけたものを「身体活動の量」とします。「身体活動の量」の単位が「エクササイズ」です。

健康づくりのための身体活動量の目標としては、活発な身体活動(3メッツ以上の運動・生活活動)を週23エクササイズ以上行うことが推奨されているそうです。

 

で、雪かきはどのくらいかというと6メッツだそうです。
・・・これだけ聞いてもいまいちイメージが湧きにくいです。

6メッツの運動は何かというと
・テニス(ダブルス)
・バレーボール
・水泳
・10分以下の軽いジョギング

だそうで、それらの運動と同じくらいのことを冬は日常的にやっているということになります。
つまり雪かきを1時間するだけで週の目標の23エクササイズのうち4分の1を達成できるわけです。すごい(計算合ってるかな?)

 

雪かきは雪に刺さったり滑ったりして割と身体全体を使うので準備運動等やらずにやると怪我のもとなので欠かさずにやりましょう。あと張り切りすぎると次の日に筋肉痛で動けなくなったりするので程々に。

 

今年も家の庭にかまくらを作るぞ。