社員日記

2月
15

因果推論

これまで何度か雑誌やデータ分析に関する記事でEBPMやランダム化比較試験といった言葉を見かけることがありました。「相関関係は因果関係を意味しない」という話は以前から度々聞いていましたが、政治や経済の分野で相関と因果を区別する方法があるのか私は良く知りませんでした。面白そうだったので個人的にいろいろ調べています。

 

ランダム化比較試験というのは、調査対象をうまくグループ分けすることで対照実験のような状況を作り実験する手法です。しかしランダム化比較試験は予算や倫理的問題で実施できないことも多いとのこと。そんな状況でも実験をせず既存の観察データを利用して因果関係を見つけ出す方法もあります。既存からデータを分析する場合は、因果関係が逆になっていないかといった点や、原因と結果の両方に影響を与える第三の変数が存在しないかといった点に注意が必要です。その対策として、操作変数法、回帰分断デザイン、差の差分析といった手法や、第三の変数からの影響を防ぐための「バックドア基準」といったものが作られています。

このような因果推論の手法も万能ではなく、得られた結果が調査対象以外には当てはまらないかもしれないという問題や、因果関係が生じる根本的な原因はわからないという問題があります。またデータがとても少ない場合は統計的に意味のある結果を得るのが難しくなります。

しかし相関と因果を区別する手段があるだけでも大きな価値があります。EBPM(証拠に基づく政策立案)の推進派の動機は、政策立案を個人の印象に基づいたエピソードに頼るのではなく、合理的根拠に基づいて行うべきだという所にあります。

 

自分なりにあれこれ調べた結果、こういった様々な知識を得ましたが、正直なところ実際にどの程度うまく機能するのか実感がまだありません。データを使ってあれこれ試してみないと納得感は得られないと思います。

今回、これらに興味を持ったのは合理的な根拠があったわけではなく、以前は不可能だったことが可能になったというエピソードの記事を見て強い印象を受けたためです。印象論から脱却するための道具の話ではありますが、それを知るきっかけはエピソードから受けた印象でした。

人は客観的事実よりも物語に動かされやすいという話がありますが、今それを改めて実感しています。

HM

2月
5

当社では、今まで何度かCMを流しています。
放送の度にお客様から「見たよ!」と言っていただき、私が思っている以上に反響があり、驚きました。
周りに影響を与えるということを、少し実感できた気がします。

 

さて、そんなCMの話題を1つ。(当社のCMではありません。宣伝ではありません。)
https://www.youtube.com/watch?v=CLRhO69Ch3M

 

初めて見たとき、ちょっと衝撃でした。
マイナスからプラスへの逆転が見事ですね。
気持ちが前向きになれる、そんな気がします。

 

「逆転の発想」と言うのは簡単ですが、なかなか難しいことだと思います。
広い視野、違った角度から見ているつもりでも固定概念から抜け出せていない、
そんな時が多いのではないでしょうか。
ポジティブで柔軟な発想ができるようになりたいですね。

 

このCMのようなインパクト、とまではいきませんが、
いい意味で、お客様の印象に残るような仕事をしていきたいと思います。

1月
25

弊社の今年のお正月休みは日数が多かったこともあり(12/31~1/5)、読書に取り組んでみました。

何冊か読了したのですが、今日はそのうちの一冊をご紹介します。

 

ロングテール 「売れない商品」を宝の山に変える新戦略(ハヤカワノンフィクション文庫)
クリス・アンダーソン 著
篠森ゆりこ 訳

 

数年前に購入し、少しだけ読んで「積ん読」状態にしていたものです。。。笑
今回はしっかり読了できました。
原語版は2006年に刊行されており、ベストセラーになりました。14年前の著作ではありますが、読んでみると今なお色あせない古典的名作という印象があります。

 

書名の「ロングテール」とは、以下のような概念です。

 

1.何らかのコンテンツ(例えば、書籍)を、縦軸に販売数、横軸に販売順位を取ってグラフ化する
2.グラフは、始点付近では大きな数字を記録するが、少し順位が下ったところで大きく販売数が下がる
3.順位を下っていくと、販売数の少ない商品がずっと長く続く
4.さらに順位を下っていくと、ぐっと販売数の少ない商品群になるが、販売数はゼロにはならず、さらに長く商品がつづいていく

 

1の部分がいわゆる「ヒット商品」、2~4の部分がいわゆる「ニッチ商品」です。ニッチ商品が販売数グラフ上で延々と続いていくことを、長いしっぽ=ロングテールと呼ぶわけです。

旧来の考え方では、「ヒット商品をいかに生み出し、売るか」ということに注力されていたわけですが、IT化によって製造・流通・情報の発信手段がコモディティ化する(インターネット・パソコンの普及・低コスト化、コンテンツのデジタル化)ことにより、消費者と供給者の境界があいまいになり、数多くのニッチ商品が生み出され、消費される状況が生まれています。
ニッチ商品は、販売数こそ少ないですが、数が膨大であり、すべてを合わせるとヒット商品にも比肩しうる市場になる可能性があるのです。

 

近年話題になったキーワードにも、ニッチ市場といえるものがいくつかあります。
・「3Dプリンタ」・・・製造手段のコモディティ化⇒ニッチな製造市場
・「民泊」・・・ホテルではなく、個人宅の宿泊サービス⇒ニッチな宿泊市場
・「Uber Eats(フードデリバリーサービス。配達員はサイトに登録した一般の人)」「CREW(配車マッチングアプリ。車で出かける人と、相乗りしたい人をマッチングする)」・・・ニッチな配送市場。ただし白タク行為は違法ですよ。

 

「あっ、今の世の中って、こういう傾向があるのか」という、気づきを得ることができる一冊でした。

 

by. ネズミ年なだけに・・・

1月
15

昨年5月、我が家に新しい家族が増えました。

白茶の「もか」です。
最中のような色だったため「もなか」にしたのですが、
先住猫のキジトラの「ねこ」と文字数を合わせるために「もか」になりました。

見た目の毛の長さはそっくりなんですが、触ってみると・・・
「もか」は全身毛がびっしりですが、硬い毛が多めでふかふかした触り心地。
「ねこ」は毛の量は普通ですが、柔らかい毛で高級な毛布のような滑らかな触り心地。
と全く違います。

家に帰ってデュアルもふもふを堪能するのが最近の楽しみです。

by サファイア会員になりました

1月
5

明けましておめでとうございます。
昨年は元号変更、消費税増税、軽減税率導入など、様々ありました。
今年はなんといってもオリンピックイヤー!!
楽しみですね。

仕事面においてはオリンピックに向けてどこも忙しくなってきている印象があります。
これだけ盛り上がっているとオリンピック後がどうなるか心配ですよね。
「働き方改革」というキーワードが政府から提示されているように
如何に効率的に生産性を上げていくかを今から考えていかなければいけないと
考えるこの頃です。(実際にはなにも実行できていませんが。。。)

業務の効率化を図る上で最近注目されているソリューションで
「RPA(Robotic Process Automation /ロボティック・プロセス・オートメーション」
というものがあります。
簡単に申し上げるとPCの中にロボットを作成し、定期的な業務に関しては
1クリックで自動で処理させるソリューションです。
秋田県でも導入に踏み切っており、年々RPA化する業務を増やしていく計画を
進めております。

弊社で開催させていただく今月(1月)29日のセミナーでもテーマの
一つとしてご紹介させていただきます。
(※詳しくはイベント情報の「ASM最新IoTセミナー開催のご案内」をご覧ください)
今後のIT導入のヒントになるかと思いますので、ぜひご参加ください。

ご参加が難しいけれども、情報がほしいという方に関しましてはASMまで
ご連絡いただければ幸いです。

最後になりますが、本年もASMをご愛顧いただきますようよろしくお願いいたします。

by オリンピック見たいけどチケット高いなぁ