社員日記

10月
25

緑の閃光

グリーンフラッシュ(緑閃光)
日の出や日の入のほんの一瞬、稀に太陽の端が緑色に輝く現象。
水平線が見渡せる海辺や山で、空気が澄んでいるときに発生する。
発生確率が低いことから、見ることができたら幸せになれるとかなんとか……

 

過去にプラネタリウム見学でそのような現象があることを知ったとき、人生で一度は見てみたいと思いました。
夕方海岸沿いを走っているとき、もしかしたらと思って水平線を見てみたりもしました。
しかし、良好な条件下で、偶然夕方に水平線が見渡せる場所にいるなんてことは滅多にありません。そんな条件が揃っても発生するかどうかはわからない。そんな現象です。

 

そんなことを考えていたら、なんと!今年の8月に秋田県由利本荘市でグリーンフラッシュが観測されたとの話が!
しかもその日はちょうど近場で作業をしていた日……

タイミングが合っていれば私の夢が一つ叶っていたのかもしれません。

次こそは写真ではなく、この目で!

 

※太陽を直視しないように気を付けましょう。

 

by 不思議な景色

10月
15

2020年10月1日、東京証券取引所のシステムが初の終日売買停止になりました。

【朝日新聞デジタル】から
東京証券取引所は1日、株価などの相場情報を配信するシステムに障害が生じたとして、午前9時の取引開始から全銘柄の売買を停止し、終日の売買停止を発表した。機器の故障が原因とみられ、復旧のめどがたたないためで、同じシステムを使う名古屋・福岡・札幌の各取引所も同様に停止した。システム障害による終日の売買停止は初めて。
~途中省略~
東証によると、午前9時からの取引開始前に株価が表示されないことがわかった。サイバー攻撃やプログラムの不具合ではなく、機器の故障の可能性があるとみて詳細を調べている。
-ここまで-

東証は以前にも障害を起こして、新システム構築時には、「信頼性」を重んじて構築されました。
【東証サイトから】
リスク管理機能の拡充
「稼働率の目標は99.999%(ファイブ・ナイン)以上─。東証は新システムの構築に当たって、「5年間でダウン時間を10分程度にとどめる」という高い目標を掲げた。
この目標を達成するため、サーバーにはメインフレーム並みの信頼性を売り物にするxxxx社製の大型サーバー「xxxxxx」を採用した。前述したデータ処理の三重化と合わせて、ハード故障によるシステムダウンを防ぐ。遠隔地にもバックアップシステムを設け、大規模な災害に備える。」
これほどまでに、対策を講じたのに今回は何があったのか興味があります。

いい機会ですので、他山の石と思わないで、自分や自社のシステムは大丈夫ですか?自宅のパソコンは大丈夫ですか?大切な写真やビデオなどバックアップしていますか?
いまいちど再確認してみてはいかがでしょうか?

スマホで高画質の写真をため込んでいる人は多いかと思います。今回は、個人のバックアップに関して、わかり易いサイトがありましたので、ご紹介いたします。私は、パソコンと外付けHDDの両方をお勧めします。

【スマホの写真をバックアップする方法】
クラウドストレージを利用する
パソコンに写真データを移す
パソコン経由で外付けHDDに保存する

https://www.4900.co.jp/smarticle/11802/ 参考にしてみてください。

-システム障害こわいこわい!

10月
5

今春バイクを手にいれました。
本格的にバイクに乗るのは「ウン」年ぶりになります。当時の免許は自動二輪”中型に限る”でしたので、
250ccや400ccを乗っておりました。時間があれば仁別や男鹿あたりに繰り出していたことが
とても懐かしいです。この度周りの反対を押し切ってリッターオーバーのバイクにしてみました。
天気の良い日はこのバイクで出かけるのですが、やっぱり”いい”です。
リッターオーバーなので重さが気になるのですが、当時のバイクに比べるとずいぶんと乗りやすくなっていると感じます。(といっても十数年前のしろものなので。。。最新のものはさらに乗りやすくなっているんでしょう。)

夏場はとても暑い日が多かったせいであまり気乗りしなかったのですが、これからの季節は絶好のバイク日和が続くと思われますので、少し気合をいれて出かけたいと思っております。
この勢いで富士山の麓まではいってみたいと考えておりますが、昨今の情勢ではしばらくはお預けの予感です。(ヘルメットにヒントが。。。。)

このようにちょっと若返った気持ちになっている今日この頃です。    by 風になれ

9月
25

今年もそろそろ年末調整について準備を始める時期となりました。

詳細については「令和2年分 年末調整のしかた」を確認しなければいけませんが、

主な改正点をまとめてみました。

▼国税庁 「令和2年分 年末調整のしかた」

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/nencho2020/01.htm

 

1.給与所得控除と基礎控除

◇給与所得控除額が一律10万円引き下げられることになりました。

▼国税庁 給与所得控除額
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1410.htm

◇これまで一律38万円とされていた基礎控除額が48万円に引き上げられます。
ただし、合計所得金額が2,400万円を超えると所得に応じて段階的に減額されます。

▼国税庁 基礎控除額
https://www.nta.go.jp/m/taxanswer/1199.htm

◇改正によって所得税への影響は?
給与等の収入金額が850万円以下の場合、「給与所得控除額」の引き下げと
「基礎控除額」の引き上げでプラス・マイナス0となり所得税は変わりません。

2.所得金額調整控除

◇給与所得控除および基礎控除の改正に伴い、子育てや介護を行っている人の
税負担増にならないように「所得金額調整控除」が創設されました。
給与等の収入金額が850万円超で以下のいずれかに該当する場合適用されます。
・本人が特別障害者
・23歳未満の扶養親族がいる
・特別障害者である同一生計配偶者または扶養親族がいる

▼国税庁 所得金額調整控除に関するFAQ
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/pdf/0020006-075.pdf

3.ひとり親控除の新設および寡婦控除の改組

◇これまでの寡婦(夫)控除は、離婚や死別によって配偶者が
いなくなった人に適用されてましたが、今回の改正で婚姻歴・性別によらず、
すべてのひとり親に対して「ひとり親控除」が適用されます。
ひとり親で以下の条件にすべて該当する場合適用されます。
・生計を一にする子を有すること
・所得が500万円以下であること
・事実上婚姻関係と同様の事情にあると認められる者がいないこと

◇「ひとり親控除」の新設に伴い、「寡婦控除」が見直されます。
ひとり親に該当しないが、以下の条件に該当する場合適用されます。
・配偶者と離婚、死別して扶養親族がいないまたは子以外の扶養親族がいる
・所得が500万円以下であること
・事実上婚姻関係と同様の事情にあると認められる者がいないこと

▼国税庁 ひとり親控除および寡婦控除に関するFAQ
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/pdf/0020004-145.pdf

4.申告書の変更

◇「給与所得者の基礎控除」、「配偶者控除等申告書」、「所得金額調整控除申告書」が1枚にまとまります。

◇ひとり親控除および寡婦控除の変更に伴い、「扶養控除等申告書」の様式が変更されています。

▼国税庁 変更を予定している年末調整関係書類
「給与所得者の基礎控除申告書 兼 給与所得者の配偶者控除等申告書 兼 所得金額調整控除申告書」
https://www.nta.go.jp/users/gensen/nenmatsu/pdf/03.pdf
「給与所得者の扶養控除等申告書」
https://www.nta.go.jp/users/gensen/nenmatsu/pdf/0020006-088_01.pdf

5.源泉徴収票の変更

◇改正に伴い、源泉徴収票の様式が変更されています。

▼国税庁 給与所得の源泉徴収票
https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/pdf/r02/23100051-02.pdf

6.法定調書の電子提出義務化

◇前々年の提出枚数が100枚以上の場合、e-TAXまたは光ディスク等による提出が義務化されます。
例えば、平成31年1月に提出した「給与所得の源泉徴収票」が100枚以上だった場合、
令和3年1月に提出する「給与所得の源泉徴収票」は、e-TAXまたは光ディスク等で提出する必要があります。
※「100枚以上」とは、法定調書全体の枚数ではなく種類ごとの枚数となります。

▼国税庁 法定調書の提出枚数が100枚以上の場合のe-Tax又は光ディスク等による提出義務
https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/hotei/7455.htm

 

今年は、社員の方に記載していただく申告書の様式が大きく変わってますので、

早めの準備が必要となります。

 

 

9月
15

塞翁が馬

「塞翁が馬」は、中国の前漢の時代に書かれた『淮南子』という
書物の中にある話が元となってできた故事成語です。

余りにも有名な故事成語で説明は不要だと思いますが、
「人生の幸不幸や吉凶は変転するものであり、人間の予想や思惑
どおりにはならない」という意味です。

マインドコントロールという訳では無いのですが、この故事成語が
好きで風向きが悪い時などに、「塞翁が馬」を自分に言い聞かせて
心を落ち着かせています。

ただ、風向きが悪くても黙って待っていれば、いずれ状況が良くなる
と受け身の姿勢で持っている訳ではなく、能動的に動いてチャンスに
変えることができればと考えて行動しています。

今コロナ禍の中で、個人も会社もお客様も大変な状況ではありますが、
色々と能動的に動いていけたらと考えております。