社員日記

10月
15
 昨年の今頃は、秋田県からの初めての総理大臣で、県内は大いに活気に満ちていました。
残念ながら1年で辞任することになりましたが、このコロナ禍の中で誰がやっても同じだったのではないとか思えば、
タイミングが悪かったのかと思い残念でなりません。
秋田県初の内閣総理大臣は、久しぶりに秋田の全国区の注目そして秋田県民へ活力を与えてくれました。本当にありがとうございました。そしてお疲れさまでした。
 菅前総理大臣には、いろいろな批判が多かったのですが、成し得た事も非常に多いです。
その一つがデジタル庁の新設です。官公庁のデジタル化の遅れはコロナ禍の中でクローズアップされ必要性が格段に増しました。不便があるにもかかわらず、いままであまり進まなかったのは、他に優先順位の高いものや予算の関係もあったことだろうと思います。そのなかで、横のつながりがなく同じようなものがいくつもできていて非効率な部分も多かったのも事実でしょう。その非効率な部分をデジタル庁が整理して、効率的になるだけも大分良くなるだろうと想像できました。
 スマホのLineを使っている方も多いと思います。私も家族と連絡を取るのに使っているのですが、仕事中や運転中などはあまり気がつかなかったりします。家族からは、”スマホ持っている意味ない!”とかヤジられます。そこで、私も最新デジタルを身につけるべく、スマートウォッチを購入しました。スマートウォッチでは、Lineに通知があると時計の画面に表示されます。内容までは確認できませんが、誰からの通知かはわかります。運転中や仕事中はあとからスマホを確認し返信することで、スムーズにやり取りができます。
また、血圧や体温など測る機能や歩数計もあり、健康管理にも使えて非常に便利です。デジタル化で私の非効率を少し改善してみました。皆さんも、何かデジタル化して生活を便利にしてみてはいかがですか!
by 菅さんお疲れ様でした。

10月
5

激烈(げきれつ):きわめてはげしいこと。また、そのさま。

 

「激烈の上の言葉がわからない。誰か考えてくれ。」先週の土曜日に自宅でプロレスの生放送をみていたところ頻繁にでていたフレーズです。ゲスト解説の獣神サンダーライガーさんが試合をみていて“スゲー”と共に頻繁に発していた言葉ですが、自分もテレビでみていて共感できた試合が多く行われた大会でした。特にメインイベントの30分弱(27分56秒)ではその感覚(“激烈の上”)が強く感じられた試合でした。(THE DRAGON vsピッドブル)

この日はこれから始まるリーグ戦の開幕であり、決勝戦の10月21日の日本武道館までこのような“激烈”な試合が繰り広げられることと思われます。この間東北では仙台と山形のみの開催で、残念ながら秋田では行われません。生観戦はお預けとなってしまいます。が、幸いにもネットやCSなどで何大会は見ることができるので、こちらでこの「激烈の上の戦い」に浸ってみたいと思います。

 

 

今年の秋も「金の雨が降るぞー!」

ちょっと遅れますが、BSでも金曜よる8時から放送されていますので、興味がある方は是非。

ちなみに秋田大会といえば2013年7月の秋田市立体育館がピークだった感じがします。(このときは完売のためプロセス観戦歴上唯一パンフレットを購入できなかった大会

です。また、TV中継はもちろんDVDも販売された大会です。)

秋田でも「激烈の上の戦い」が観たいでーす。

 

by内藤欠場残念

9月
25

9月に入り、年末調整の準備を始める時期になりました。

2021年4月に国税庁より発表された令和3年度の税制改正に関する「源泉徴収税の改正のあらまし」によると今年は大きな変更はないようですが、業務に関わるポイントがいくつかありました。

(1)税務関係書類の押印義務見直し

2020年に行政手続きの押印廃止が発表されたことに伴い、各種税務関係書類への押印が不要となりました。

具体的には、従業員から提出される「扶養控除等(異動)申告書」の用紙からは、「印」の印字がなくなりました。

 

(2)年末調整申告書の電磁的方法による提出を行う際、税務署長の承認不要

これまで従業員から年末調整申告書を電磁的方法で提出する際、事前に給与等の支払者は税務署長へ届出を行い承認を受ける必要がありましたが不要となりました。

現在、国税庁やいろいろなメーカーから年末調整の電子申告を行うサービスが提供されています。紙による収集や入力作業などの手間を省くことにより、忙しい年末に業務負担が軽減されると思います。

 

新しく創設されたデジタル庁は、行政のデジタル化や規制改革を行うとのことなので今後一層いろいろな手続きがデジタル化されていくようです。

9月
15

朝焼け

夕方に日本海沿岸をドライブしていると、しばらく見入ってしまうほどの
凄まじい夕焼けを目にしたことがある方は多いのではないでしょうか。

真っ赤に染まった太陽が海に沈んでいく姿は、まさに感動ものです。

 

逆に「朝焼け」を目にする機会は、少ないのではないでしょうか。

当の私はと言うと、朝も夕焼けのように辺り一面が真っ赤に染まるとは
思ってもいませんでした。

数年前から趣味で登山をするようになり、3時ぐらいから準備をはじめ、
4時~4時半頃から登り始めることも多くなりました。
そんな時間に活動していると、よく「朝焼け」を目にすることになります。

今でこそ驚きませんが、初めて「朝焼け」を見た時は、その美しさに感動して
時が経つのを忘れて、しばらくずっと空を眺めてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

※月山羽黒口から見た鳥海山

 

 

この年(何歳?)になるまで朝焼けを知らなかったなんて、
今まで、いかに朝遅く活動していたのかがばれてしまいますね、、、

 

新型コロナが落ち着いて、早くいろんな地域の朝焼けを見ることが

できるようになって欲しいです。

 

                    ストーンオーシャンアニメ化決定!!

9月
5

弊社では、今年度よりNTT東日本様の紹介パートナーになりました。

お客様からご興味あるソリューションを弊社からNTT東日本様へ繋ぎまして、

ご契約のご検討を進める流れになります。

サービス内容は、「フレッツ光」、「ひかり電話」、「オフィスICT相談窓口」、

「インターネットの出入り口対策」、「カメラ」、「ビジネス向けWi-Fi」、

「OCR(光学文字認識)」などございます。

ICTに関するお困りごとは、NTT東日本様のソリューションも加えて、

解決に向けてご支援申し上げます。

お気軽に弊社担当営業へお問い合わせをお願い申し上げます。

ICTのお困りごと解決をサポート!(NTT東日本 & ASM)

宝塚はどうでしょう