社員日記

7月
5

先週、ネットで個人的に気になるニュースを見つけてしまいました。

「高速道路に設置された“自虐横断幕”」
といったもので、青森県にある「東北自動車道 津軽SA下り」の手前に設置されている横断幕だそうです。

いわく、
・今日も空いてる津軽SA
・混雑知らずの津軽SA
・津軽SA独り占め
・貸切気分の津軽SA
の4種類を掲げているそうな。

このセンスは個人的には好み。
近所だし、自称ドライブ好きの私としては横断幕の真偽を確認しなくては!と思い週末に行ってみました。

昼をそこそこ過ぎてから秋田を発ったので、現地に着いたのは18時頃。
時間が悪かった(良かった?)のもあると思いますが、駐車場には休憩をしている大型トラックが数台いるものの、一般車はゼロ。
これは貸し切り気分です。こんな経験は確かにないかも。

滞在しているうちに何台か入ってきて、さすがに貸切のままというわけにはいきませんでしたが、混雑はしません。
(証拠写真を撮れば良かったと後で後悔)

というわけで、「津軽SAの横断幕は正直である」と勝手に認定しました。  誰もいません。

 

 

ちなみに軽食コーナーで、「嶽きみの天ぷら」と「リンゴの天ぷらがのったパフェ(名前失念)」を頂きました。

とても美味しゅうございました。
「津軽そば」も気になったのですが、この後青森市で「味噌カレー牛乳ラーメン」を食べたかったので断念。

この津軽SAに限らず、最近「割と身近にあるのに知らなかった」モノ・コトの発見することが多くなりました。
SNSやネットニュース等の情報量が増えているのもあるのでしょう。
せっかくなので、このようなネタを楽しんでいきたいなと思っています。

次の予定は陸前か越前。

6月
25

チケットの一次抽選結果が出ました。
私は柔道と競泳を申し込みましたが、
見事にすべて落選。。。
まあ、予想どおりでしたが。。。

それにしても、申し込みはものすごく面倒でしたし、
時間もかかりました。

二次からは先着順らしいのですが、
抽選であんな状態になったのに、先着順になったらどうなってしまうんでしょう?
しっかりと対策していただきたいものです。

対策といえば、ボランティアの暑さ対策で発表された、
“かぶるタイプの傘”が物議を醸しています。

「完全に罰ゲーム」「ボランティアが減る」「無駄に税金使ってる」などの苦言から、
「両手使えるし、日傘に抵抗ある男子に良い」といった好意的な意見もあります。

個人的には、アイデアは良いけど、デザインがね。。。という感想です。
今のデザインのままでは、大勢の外国人観光客から笑われるような気がします。
この格好させられるなら、ボランティアやりたくないです。。。

このように「〇〇はいいけど、××は・・・」というのは世の中に多いですよね。
違う角度で見るということは非常に大切なことだと思います。
今見えている、いいところ悪いところだけに集中するのではなく、
ちょっと視点をずらしてみる習慣を身にをつけていこうと思う、今日この頃です。

ハラソムリエ

6月
15

脳の神秘?

先日、コーチングの講習を受講しました。

講習では、悪い言葉を使うと脳の働きが悪くなるという説明がありました。
使った自分だけでなく、使われた相手も悪影響を受けるそうです。
ですから、先生からは「よい」、「ポジティブな」、「熱量のある」言葉を使うことを求められました。

よい言葉を使うようになるきっかけとして、スマホのアプリを紹介されました。
ネガティブな言葉をポジティブなものに変換するというものです。

紹介されたときは、まったく気にかけていませんでした。
しかし、そのアプリを活用する機会が巡ってきました。
期日が迫っている仕事があるのに、なかなかやる気になれないときがあったのです。
そこで、「やる気が出ない」という言葉を変換してみました。

結果は次のとおりです。
① 自分の気持ちに正直
② スリルを求めている
③ 周りに流されない
④ リラックス
⑤ 手段を模索するのが得意
⑥ 仕事が早い

なぜそうなるか疑問が残るものもありましたが、やる気が出ない自分がほめられているような、肯定されているような気がしてきました。
すると、徐々に手が動き出し、最後までやりとげることができました。

私の脳がポジティブな言葉に反応してくれたのでしょうか?
興味がわいてきたので、気持ちがネガティブになったときにはまた利用してみようと思っています。

三之城

6月
5

Let’s OCR!!

世の中で昨今よく耳にするようになってきたRPAを、弊社でもお客様にご紹介、ご提案する機会が増えてきました。

お客様にお話を伺うと「FAXで来た紙をシステムに取り込めない?」というご要望を多くいただきます。

FAXはご存知の通り、送受信の環境により紙が斜めになったり、意図しない黒い点や線が入って、帳票としては質の悪いものです。

これまでの文字認識ソフト OCRでは、パソコンで打ち出し直接プリンタで印刷したもののテキスト化であれば90%を超える識字率でしたが、FAXの文字認識はほぼ不可能と思われていました。

ですがテクノロジーも発展し、お客様からのご要望も多いことから色々と情報をさがしてみると・・・

ありました!!FAX OCRたる製品が!!

また、最近のOCRはAIOCRというものが出てきており、AIで補正することによりFAXに対応するものも出てきております。

未だ取り扱いやサポート面の準備が整っておらずご紹介できませんが、近いうちにお客様にご提案できるよう進めて参ります!!

fac simile

5月
25

新鮮野菜

社員日記は当番制でリアル社員が書いています。
文才がある方はネタに困らず、すらすら書いているようですが
文才がない私はいつも内容を考えてしまいます。

今回は最近始めた趣味について書かせていただきます。

タイトル通り「新鮮野菜」です。

私の実家は田舎にあり、小さな畑、家庭菜園がありました。
毎年春に種や苗を植えて、夏になるときゅうり・トマトなど夏野菜を中心に
新鮮な野菜を楽しんでいました。
古い記憶ですが、とれたての野菜の味は格別だったと記憶してます。

少し郊外の道沿いなどで産地直送の露店を見かけることもありますが
いくら鮮度がいいとしても、「朝どれの新鮮野菜」です。

もっともっと新鮮な、「今どれの新鮮野菜」を食べたくなり
畑を借り家庭菜園を始めてみました。

畑を耕したり、苗を植えたり非常に重労働で挫折しそうになりましたが
とりあえず、種・苗植えは終わりました。

秋田市は都会に比べれば田舎ですが普段の生活では
なかなか土に触れることはありません
久しぶりに土に触れ、自然に触れ、少しのリフレッシュと
かなりの筋肉痛が残りましたが、

今のところ楽しくやっております。
写真の通り今植えたばかりです。

家庭菜園で「今どれ新鮮野菜」をたべることができたか??については
次の社員日記にてお知らせいたします。

    P/N:匿名